ホワイトニングと安全性

ホワイトニングと安全性

審美眼的視点から、歯の白さは人間的魅力であると考えている人もいると思います。
最近では審美歯科に定期的に通って、ホワイトニングの治療を受けるという人も増えているようです。
今回はそんなホワイトニングにおける安全性について詳しく見ていきましょう。

 

そもそもホワイトニングとは薬品を歯に塗ることによって白さをプラスするという手法です。
いわゆる洗濯物を漂白するのと同じく、漂白成分を含んだ薬液を歯に塗り込むことで白い歯に近づけていきます。
ホワイトニングの際に用いられる薬液の主成分は過酸化水素水です。
過酸化水素水はある程度の濃度であれば適切に歯を白くしてくれますが、
濃度が高すぎるとお口の中が火傷するという性質も持っています。

 

とはいえ、国内で合法的に処方されているホワイトニング用薬液は
濃度が35パーセント以下となっているので基本的には安全といえます。
ただし、国外生産のホワイトニング剤を個人で輸入した場合は、
認可されていない薬液の精でお口トラブルが起きる可能性もあることを覚えておきましょう。

 

 

 

ホワイトニングをした直後は、いわゆる知覚過敏に近い状態になることがあります。
ホワイトニング剤を塗られた歯は一時的に表面のエナメル質が溶ける、いわゆる脱灰という状態になっているのです。
これは時間が経つと再石灰化によってもとに戻りますが、
この脱灰している状態で虫歯菌をはじめとしたお口トラブルの原因になる細菌が活性化すると、口腔衛生が悪化する恐れもあるのです。
そのため、ホワイトニングをする際には歯周病や虫歯などを治療しておいた方が安全性は高くなるといえます。

関連ページ

神経が死んでしまった歯にウォーキングブリーチがオススメ
神経が死んでしまった歯にウォーキングブリーチがオススメ
ラミネートべニアのメリットとデメリット
ラミネートべニアのメリットとデメリット
ホワイトニングの副作用を知っておこう
ホワイトニングの副作用を知っておこう

このページの先頭へ戻る