ホワイトニングについて

ホワイトニングについて記事一覧

どれくらい続く?ホワイトニングの効果の持続

汚れてしまった歯の色をホワイトニングで綺麗にするとしても、気になってしまう事としては、歯を綺麗にした場合、その効果はどのくらい持続してくれるのかという事です。喫煙の着色、飲食による着色など、歯の汚れを綺麗にして、本来以上の綺麗な色を手に入れる事が出来ますが、ホワイトニングによる効果の持続は永続的に続くものではありません。効果が長く続くかどうかは、ホワイトニングの種類に加えて、着色の強さなどによって大きく異なってきます。ホワイトニングと一口にいってもその種類は大きく分けて2種類に分かれます。1つはオフィスホワイトニングといわれるもので、これは即効性があり、施術を行った当日からすぐに効果を実感出来...
続きはコチラ

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとはオフィスホワイトニングのように歯科医院で医師に任せるのではなく、自分自身が自宅でマウスピースに薬剤を入れて1日2時間ほど装着するだけで歯を白くする方法です。具体的な方法としては歯科医院で製作したオーダーメイドのマウスピース(マウストレー)やホームホワイトニング用の薬剤を使用する方法と、市販されているスマウスピース・マウスピース型電動ウォーマー・トレーやホームホワイトニング薬剤などを使用する場合があります。このホームホワイトニングのメリットとしては、「効果が長持ちする(1〜2年ほど持続)」「自分の都合のいいときに行える」「費用面で安く抑えられる」といった点です。またデメリ...
続きはコチラ

オフィスホワイトニングとは

「オフィスホワイトニング」とは歯科医院で薬剤と光照射器を使って歯を白くする方法です。歯に薬剤を直接塗布しておいて、そこにレーザーを照射して歯をホワイトニングします。使用する薬剤は消毒剤として使用される場合よりもはるかに濃度の高い30〜35%の高濃度過酸化水素です。さらにレーザーなどを照射して薬剤の効果を高めるためことで1回の処置だけでもホワイトニング効果が出るので、短期間で歯を白くしたい人から支持されている方法といえます。わが国の場合ホワイトニングを行っている歯科医院はまだ40%程度ですが、アメリカではほぼ全ての歯科医院でホワイトニングが行われています。このオフィスホワイトニングのメリットとし...
続きはコチラ

今話題のホワイトニングバーについて

今話題の「ホワイトニングバー」をご存じですか。特段の定義付けは無いようですが、ホームホワイトニングのように自分で行うホワイト二ングを、エステサロン風の場所で行うことをいいます。最近芸能人がよく通っているとのことから、一般の人からも注目を集め始めたようです。スタッフが客の口腔内を見て診断や治療などを行わないたことから医療行為にはなりません。ホワイトニングの具体的な手順は、次のとおりです。・スタッフによる機器等の使い方の説明:初回だけ実施(5分?10分)。・専用歯磨き粉で歯磨き:笑顔になったときに見える歯の表面に蓄積した汚れや着色を落とします(4分)。・マウスオープナー装着:リップクリームを塗り、...
続きはコチラ

ホワイトニングとLED

歯を白く見せることで、清潔感という魅力を自分にプラスすることが出来ます。接客業や人前に立つのが仕事という人にとって、白い歯はステータスとなっているかもしれません。そんな皆さんにぜひ知っておいていただきたいのが、ホワイトニングにおけるLED効果です。ホワイトニング治療の手順としては、薬液を歯に塗布した後にLEDなどのライトをあてて薬液の効果を促進します。その際に用いられるライトによっては、ホワイトニングのデメリットを解消することにも繋がるのです。ホワイトニングは過酸化水素水をはじめとした薬液の作用により、施術直後は知覚過敏になりやすいという傾向がありました。LEDライトはその他のライトに比べて熱...
続きはコチラ

ホワイトニングと食事

ホワイトニングは歯を白くする施術ですが、そもそもどうして歯を白くしなくてはいけないのでしょうか?最もわかりやすい答えとしては、私たちが不通に生活して一句と歯が黄ばんだり汚れたりすることがあるからです。毎日の生活の中で汚れてしまった歯を綺麗にするケアがホワイトニングであるならば、その生活においてちょっとしたことに注意を払えば、ホワイトニングの効果を長持ちさせることも可能なのではないでしょうか?今回はホワイトニングを長時間持続させるために知っておきたいホワイトニングと食生活の関係をご紹介します。覚えておいていただきたいのは、ホワイトニング治療の直後は歯が非常に汚れやすいということです。ホワイトニン...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る