ホワイトニングの安全性

ホワイトニングの安全性記事一覧

ホワイトニングと安全性

審美眼的視点から、歯の白さは人間的魅力であると考えている人もいると思います。最近では審美歯科に定期的に通って、ホワイトニングの治療を受けるという人も増えているようです。今回はそんなホワイトニングにおける安全性について詳しく見ていきましょう。そもそもホワイトニングとは薬品を歯に塗ることによって白さをプラスするという手法です。いわゆる洗濯物を漂白するのと同じく、漂白成分を含んだ薬液を歯に塗り込むことで白い歯に近づけていきます。ホワイトニングの際に用いられる薬液の主成分は過酸化水素水です。過酸化水素水はある程度の濃度であれば適切に歯を白くしてくれますが、濃度が高すぎるとお口の中が火傷するという性質も...
続きはコチラ

神経が死んでしまった歯にウォーキングブリーチがオススメ

せっかく高いお金を支払って、歯科医院でホワイトニングの施術を行っても、白くならない歯が存在します。それは、神経が死んでしまった歯です。通常のホワイトニングの施術では、神経が反応しないため歯が白くなりません。ですが、他の歯をホワイトニングしてもらっただけに、その神経が死んでしまった歯の1本の黒さが非常に目立ってしまいます。では、神経が死んでしまった歯は、どんな方法でも歯を白くする事は不可能なのでしょうか?実はウォーキングブリーチと呼ばれる方法であれば、神経が死んでしまった歯に対しても、キチンと白くなります。その方法は、歯の中に歯を白くする薬剤を入れる事で、神経が死んで変色してしまった歯を白くして...
続きはコチラ

ラミネートべニアのメリットとデメリット

歯科医院で行われるホワイトニングは、確かに歯は白くなります。しかし、短期間で即歯が白くなるわけではありませんし、またホワイトニングの効果も1〜2年程度しか持続しません。そのため、短期間で歯を白くしたい、一度歯を白くしたら、その状態を半永久的にキープしたいと考える人にとっては、ホワイトニングでは満足できない点があるでしょう。ではそんな人にオススメしたい方法は、ラミネートべニアです。ラミネートべニアとは、歯の表面を少し削り、そこに薄いセラミックのシェルを貼り付ける治療法です。短期間で歯を白くする事が可能ですし、何より半永久的に歯の白さをキープする事が可能です。ホワイトニングと比較して、メリットが多...
続きはコチラ

ホワイトニングの副作用を知っておこう

歯科医院で行うホワイトニング(オフィスホワイトニング)では過酸化水素が使用されます。過酸化水素は傷口の消毒剤としてよく知られているオキシドールに使用されているものです。ホワイトニングの副作用については、この過酸化水素を使用することから見解が大きく分かれています。それは「過酸化水素を使用しているので副作用がない」とするものと「知覚過敏の副作用が生じやすい」とするものです。「消毒剤の過酸化水素を使っているので副作用がない」、という見解にはいささか問題があるようです。オキシドールの過酸化水素の濃度は3%ですが、オフィスホワイトニングで使用される過酸化水素製剤は15〜38%です。濃度が6%を超える過酸...
続きはコチラ

ホームホワイトニングのやり方と注意点

歯を白くするための施術としては歯科医院でホワイトニング治療を受ける方法と、いわゆる自宅でのホームホワイトニングケアに大別されます。どちらも歯を白くする効果は期待出来ますが、自宅でのケアの方が気楽に続けられそうと考える人もいることでしょう。そこで今回はホームホワイトニングのやり方や注意点について詳しく見ていきましょう。ホームホワイトニングの基本は、マウスピースを嵌めるというものです。マウスピースに溜めた薬液に歯を浸し、白くしていくという手順を踏むことになります。そのためには自分の歯に合ったマウスピースを作成してもらうために、歯科医院を訪ねましょう。歯科医院でマウスピースと薬液を手に入れたら、いよ...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る