ホームホワイトニングのやり方と注意点

ホームホワイトニングのやり方と注意点

歯を白くするための施術としては歯科医院でホワイトニング治療を受ける方法と、
いわゆる自宅でのホームホワイトニングケアに大別されます。
どちらも歯を白くする効果は期待出来ますが、自宅でのケアの方が気楽に続けられそうと考える人もいることでしょう。
そこで今回はホームホワイトニングのやり方や注意点について詳しく見ていきましょう。

 

ホームホワイトニングの基本は、マウスピースを嵌めるというものです。
マウスピースに溜めた薬液に歯を浸し、白くしていくという手順を踏むことになります。
そのためには自分の歯に合ったマウスピースを作成してもらうために、歯科医院を訪ねましょう。
歯科医院でマウスピースと薬液を手に入れたら、いよいよホワイトニングの始まりです。

 

方法としてはまず歯磨きで歯の汚れを綺麗に落とします。
汚れが付着している部分があると、そこで色のムラが出来てしまい、綺麗な白に染まらないのです。
歯磨きを終えたら薬液をマウスピースの内側に流し込みます。
薬液は基本的にジェルのような形状をしているので、歯の窪みに一つずつ落とすイメージで薬液を絞ってください。

 

マウスピースの準備ができたらいよいよ装着です。
注意していただきたいのは、あくまで歯を白くするためのケアであり、歯茎に薬液が塗り込まれると染みる恐れがあるという点です。
もしもマウスピースを嵌めた段階で歯茎に薬液が付着したのであれば、取り除いておいた方が良いといえます。
マウスピースを嵌めたら2時間から3時間ほど時間を置くことになります。
食事などの歯を使う作業は慎みさえすれば、何をしていても問題ありません。
ただし、激しい運動などでマウスピースが外れてしまってはホワイトニングの意味が無くなってしまうのでご注意ください。

 

 


このページの先頭へ戻る